離婚を上手にするために必要なこと

離婚から始まるやり直し人生

上手に後腐れなくする離婚とは?

離婚は基本的に感情のもつれでする場合が多いでしょう。

 

勢いでしてしまうケースも多々あります。

 

上手な離婚と言うと、男性側は少しでも出費を抑えたい、女性の側は1円でも多く金を取りたいと思いがちですが、
それは人間として如何なものかと思います。

 

離婚では特に財産分与などの面や、慰謝料で揉めます
しかし、結婚後にどんな誤算があろうと、その人をパートナー選んだのは自分自身の責任です。
ひたすら相手の悪口を言ってもどうにもならないでしょう。

 

相手が100%悪かったとしても、離婚後、周囲に相手の悪口を触れまわるという行為は慎んだ方が良いでしょう。

 

上手で後腐れなくする離婚とは、全てを常識的範疇におさめ、判例の前例から導き出した事に納得する事です。
常識的な範囲以上のことを相手には期待せずに、淡々と離婚を進めるのが良いでしょう。

 

もっと欲を言えば、弁護士などの第三者を挟まずとも、きちんと当人同士で双方が納得出来る話し合いによる協議離婚をするのが理想です。

 

「そういう話し合いができれば離婚しない!」と思われるかもしれませんが、相手の行動は自分の行動の鏡かもしれません。
大人同士として話し合いに臨めば、そこまで後腐れない可能性が高いです。

 

離婚は夫婦2人だけが良ければと考えがちですが、周囲の人にも精神的、肉体的負担をかけている場合も多々あります。
大人であるなら、そういう自覚をもって離婚の話し合いに臨み、感情的な部分は抑えるべきです。

 

離婚は絶対するなと言う訳ではありません。
離婚について、相手に礼を尽くしながら話し合いを尽くしましょう。

 

その結果での離婚であれば後腐れもなく、言葉としては変かも知れませんが、円満な離婚が出来る可能性がかなり高くなるはずです。


ホーム RSS購読 サイトマップ